オススメの据え置き型浄水器がまるわかり

最適な浄水器の選び方のポイント

手軽においしくて安全な水が飲めるようになる浄水器ですが、新しく設置するために選ぼうと思うと様々なタイプや商品があるため悩んでしまうものです。

値段だけでなく性能や使い勝手なども知っておかないと、せっかく買ったのに失敗したと感じてしまうこともあるので、選び方を知っておくことは大切です。選び方の一つである浄水器のタイプとしては4つのタイプがあり、蛇口の先に取り付ける蛇口直結型や水差し型のポット型は手軽に導入でき、本体をシンク脇などに設置する据え置き型はろ過能力が高く、本体をシンク下に設置するアンダーシンク型は設置工事が必要ですが浄水能力が高くシンク周りをすっきり使えます。

同じタイプでも製品によってろ過できる物質が異なることがあるので、性能について事前の確認は重要です。また、浄水器で大切なのがメンテナンスです。水をろ過するためのフィルターカートリッジは消耗品で寿命があり、それを超えて使用を続けると衛生面で問題が出てきます。

そのため定期的なカートリッジの交換が欠かせませんが、蛇口直結型やポット型はカートリッジのサイズが小さいため交換頻度が高く、据え置き型などはフィルターが大きいため寿命が長い傾向があります。本体が安くてもカートリッジが高くてランニングコストがかかるということもありますし、本体が高くてもメンテナンスの手間がかからず快適に使えるということもあるので、フィルターの寿命も選び方のポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *