シャツ, バスケット, ファッション/アパレル/装飾品

ナイキのランニングシューズズーム系について

ナイキのズームシリーズは歴代のプレイヤーが愛用した、プロユースのモデルを元に作られております。近年では主軸をランニングシューズとバスケットボールシューズで展開しており、独自のエアクッションを採用して着用者の足をサポートする機能を提供しているのです。ランニングシューズではズームペガサスやズームフライトなどが定番であり、バスケット系ではレブロンなど過激なデザインのシューズを意欲的に開発しております。近年ではナイキだけではなくスポーツシューズメーカーの各社が、ミッドソールの開発に力を入れているのが特徴です。

厚底系のソールを展開したり反発性の強いプレート系が得意なメーカー、着地時にソールの出っ張りが凹むことで、衝撃を吸収してから反発力を生み出すソールもあります。また従来のナイキのエア系や、類似するゲル系クッションなども有名です。ナイキの場合は近年力を入れているのが、ポリウレタン系のミッドソールのリアクトです。クッション性に大変優れており、復元性が高く耐久性は通常のソールの2倍と長寿命なのが特徴になります。

バネのような反発力とスポンジのような衝撃吸収力を両立しており、ランナーの走りをサポートしてくれるのです。ランニングシューズは日々のトレーニング用と、レースで力を発揮する薄底シューズが長らく主流でした。ポリウレタン系のミッドソールが誕生してからは、厚底でも記録を狙えるということで、さらに工夫を加えたポリウレタン系のミッドソールとプレートのハイブリッドシューズが、現在のトレンドになっております。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です