スキー場でスノボを楽しむためには、リフトに乗って山の上の方から滑る必要があります。このリフトに乗るため必要なリフト券には、一般的に1日券と午前券、午後券、ナイター、回数券、そしてシーズンを通して乗り放題となるシーズン券というものが存在します。1日券は朝から午後の日暮れまでリフトに乗れるもので、回数に関係なくリフトに乗ることができます。初心者であっても、最初は角度もゆるいゲレンデで練習しますが、スノボをかついで上まで登るわけにはいかないので、ある程度練習したら午後からはリフトに乗るというのが通常です。

こういった場合にはリフト券は回数券や午後券というものが有効です。こういった種類のリフト券はスキー場ごとに行った際に購入、または行くと決めたスキー場の券を購入すれば良く、スキー場に左右はされません。しかし、シーズン券の場合はそのスキー場でのみ使用できるため、他のスキー場では利用できません。シーズンを通してそのスキー場にしか行かない、シーズン中は10回以上訪れるという人にお得な券です。

早期割りというものを利用すれば、シーズンが始まる前に安く購入できるのも特徴です。スノボは一度始めて慣れてしまえばリフトに乗った方が上達するため、予め購入しておくと、後に窓口まで行く必要がなく最後まで楽しむことができます。また、午後だけ滑る、午前だけ滑って午後は温泉などといった利用方法もできるので、半日しか滑らない人にはこういった種類も選択できるのが良い点です。スキーツアーのことならこちら